• 一級建築士事務所 株式会社アーク
  • フラット35適合証明書
  • 耐震基準適合証明書35適合証明書
  • 既存住宅状況調査
  • 会社概要
  • お問い合わせ
既存住宅状況調査
料金表
既存住宅状況調査とは
既存住宅状況調査とは?
平成30年4月1日より施行される宅建業法で必要となる建物状況調査(インスペクション)。宅建業法における既存住宅状況調査は既存住宅状況調査技術者である建築士が行わなければならないこととされています。
①媒介契約締結時
宅建業者がインスペクション業者のあっせんの可否を示し媒介依頼者の意向に応じてあっせん
②重要事項説明時
宅建業者がインスペクション結果を買主に対して説明
③売買契約締結時
基礎・外壁等の現況を売主・買主が相互に確認し、その内容を宅建業者から売主・買主に書面で交付
建物状況調査(インスペクション)
建物の基礎、外壁等に生じているひび割れ、雨漏り等の劣化事象・不具合事象の状況を目視、計測等により調査するもの。
調査報告書発行までの流れ
無料
3
申込書記入後、必要書類とともにFAX or メールしてください。
申込書ダウンロード>
4
書類チェックの上、現地調査を行います。
5
調査結果を報告します。
申込のご注意
  • 本報告書は、国土交通省策定「既存住宅インスペクション・ガイドライン」(平成25年6月版)に基づく調査趣旨に倣い調査を行い、その現況を報告するものです。
    「住宅の品質確保の促進等に関する法律」で定められた「住宅性能評価書」等の報告書ではありません
  • 調査を実施した当日の現況について記載したものであり、記載された内容は調査後も継続することを保証するものではありません。
    今回調査は歩行および目視を中心とした非破壊調査、観察することにより行っています。
  • 今回調査には以下の内容は含まれません。
    • 劣化事象等が建物の構造的な欠陥によるものか否か、欠陥とした場合の要因が何かといった瑕疵の有無を判定すること。
    • 耐震性や省エネ性などの住宅にかかる個別の性能項目について当該住宅が保有する性能の程度を判定すること。
    • 現行建築基準関係規定への違反の有無を判定すること。
    • 設計図書などとの照合を行うこと。
料金表
消費税率:8.0%
種別 番号 基本料金 オプション調査
調査料+報告書料 コンクリート
圧縮強度調査
設備配管調査 床下シロアリ
蟻害調査
建物保全
計画作成
耐震診断報告書
マンション
(住戸型)
¥54,000 ¥54,000※ ¥5,400 - - -
一戸建て
(延床面積120m²未満)
¥75,600 - ¥5,400 ¥32,400 ¥32,400 ¥54,000
一戸建て
(延床面積120~180m²)
¥86,400 - ¥5,400 ¥32,400 ¥32,400 ¥54,000
一戸建て
(延床面積180m²~)
¥97,200 - ¥5,400 ¥32,400 ¥32,400 ¥54,000
別途料金(上記料金に含まれていないもの):一棟マンション・ビル等この料金表に記載のないもの。一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)以外の遠隔地割増し料金、再検査費用等。
コンクリート圧縮強度調査は、調査対象部位のコンクリート表面を荒らす可能性があるため、所有者及び管理組合の許可が必要です。